巷(ちまた)の学校blog

学校等では教わらなかったことを学び,賢い市民生活(家庭,仕事など)を営むためのブログです。ビジネスにも役立つかも。時には,就職や小論文にも言及。

経済対策

低金利でも日本の景気が良くならなかった理由

以下は,ZUUonline提供記事のほぼほぼコピペです。 *本記事は,森永康平氏の著書『大値上がり時代のスゴイお金戦略』(扶桑社)の中か ら一部を抜粋・編集しています。 金融政策で金利を操作する理由 これまで,円安についていろいろな角度から考えてきまし…

実質賃金下落を放置する政治と日銀

以下は,DIAMOND online提供記事(野口悠紀雄氏による)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 止まらぬ円安,物価高騰で実質賃金が下落している 円安は一時1ドル144円台まで進み,輸入原材料を中心に物価上昇が続いている。 日本銀行は今月…

経済対策・その3「政策目的」は何か?

最新刊『変異する資本主義』(ダイヤモンド社、11月17日発売)で、世界最先端の財政論争を分析した中野剛志氏が、日本における「バラマキ論争」が不毛に陥る理由を解説した記事のコピペです。 「経済政策の議論」を実りあるものにする方法 その上で、第二の…

経済対策・その2「財政問題」の正しい認識

最新刊『変異する資本主義』(ダイヤモンド社、11月17日発売)で、世界最先端の財政論争を分析した中野剛志氏が、日本における「バラマキ論争」が不毛に陥る理由を解説した記事のコピペです。 「財政問題」の正しい認識がすべての出発点 では、日本の「財政…

経済対策・その1不毛の「バラマキ批判」

最新刊『変異する資本主義』(ダイヤモンド社、11月17日発売)で、世界最先端の財政論争を分析した中野剛志氏が、日本における「バラマキ論争」が不毛に陥る理由を解説した記事のコピペです。 与党が経済対策の一環として現金給付を検討しているが、これを「…