巷(ちまた)の学校blog

学校等では教わらなかったことを学び,賢い市民生活(家庭,仕事など)を営むためのブログです。ビジネスにも役立つかも。時には,就職や小論文にも言及。

「勉強のやる気アップ」はたった一つの思考で解決!

 以下は,ダイヤモンド・オンライン 提供記事(本原稿は書籍『勉強が面白くなる瞬間 読んだらすぐ勉強したくなる究極の勉強法』の抜粋です)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。

 韓国で45万部の超ロングセラーが発売から7年,いよいよ日本に上陸。韓国で社会現象を巻き起こした『勉強が面白くなる瞬間』。この本を読んで,学生の98.4%が「勉強をしたくなった」と証言! なぜ,勉強をしなかった人たちが勉強に夢中になるのか。10代~70代の世代を超えて多くの人が共感。そこにノウハウは一切ありません。ただ,この本を読んだ人にはわかることでしょう。執筆に8年かかったとされる『勉強が面白くなる瞬間』から,その驚くべき内容を紹介する。

「自分の人生」と「勉強」は,切っても切れない「最強のコンビ」

 勉強をやる気が出ないって? やってもやっても成績が上がらず,うんざりだって?

 だったら,いまやっている勉強をしばらくやめて,先に「自分の人生」について悩んでみてはどうでしょう。勉強をやる気が「あるか,ないか」は,自分の人生について,これからの80年間の「一度きりの人生」について,死ぬほど「悩んだかどうか」が原点なのです。

 「え? 勉強を面白くするためには,人生について悩まないといけないって? 一体何を言っているんだ」

 ちょっと聞くと,突拍子もない話に思えるかもしれません。でも,このような悩みこそが非常に大切なのです。「自分の人生」と「勉強」は,切っても切れない「最強のコンビ」なのですから。

 思えば勉強に集中できなかったころの私は,「自分の人生」について深く悩んだことがありませんでした。その場の楽しみだけを追い求め,毎日を適当に過ごしていました。漠然とした不安やプレッシャーがないわけではありませんでしたが,「もう夜だから寝るとするか」といった具合でした。

 それでもあまり問題を感じませんでした。「人生」など自分からずっと遠くに存在するものだと思っていたし,今日の1日を無駄に過ごしたって人生に対して影響はないと考えていたのです。

 実はこの1日1日が「自分の人生」を築くレンガなのに……。こうして何気なく無駄な時間を過ごすことで,自分の人生が少しずつ削り取られていくことに,当時の私は気付きませんでした。

 中学時代をだらだらと過ごした末に,やっと目覚めた私が一番残念に思ったことは,この過ちはごく単純な一つの真理さえ知っていれば「絶対に犯していなかった」はずだという点です。それに気付かなかった私は,「サボった代償」をしっかり払わされることになりました。あまりに当たり前なので,あまりに簡単に忘れてしまう「極めて単純な真理」とは,こういうことです。

 「自分の人生はたった一度きりだ。だから,自分は自分の人生を世界で一番大事に扱うべき人間だ」

≪先人の「人生は一生勉強」という言葉が骨身に染みる現在です。知識を得ることは飛躍的に容易になりましたが……≫

お読み頂き,有り難うございました<(_ _)>